ここから本文です

【シンデレラマイルTR】サンルイビルが接戦制す 藤本現暉騎手「次走も楽しみです」

11/15(金) 11:03配信

netkeiba.com

 14日、大井競馬場で行われたシンデレラマイルトライアル(3歳上・牝・OP・ダ1600m・1着賞金610万円)は、中団でレースを進めた藤本現暉騎手騎乗の2番人気サンルイビル(牝4、大井・阪本一栄厩舎)が、先に抜け出した4番人気ペタルーダ(牝5、大井・藤田輝信厩舎)をゴール直前で差し切り、これにハナ差をつけ優勝した。さらに1.1/4馬身差の3着に1番人気ローレライ(牝5、大井・堀千亜樹厩舎)が入った。勝ちタイムは1分42秒5(良)。

 本レースの1~3着馬は12月30日に行われる東京シンデレラマイルの優先出走権を獲得した。

【藤本現暉騎手のコメント】
「冬場になってきてちょっと細くなって冬毛も出て、飼い食いも減ってきているけど、まだ(好調を)キープできていると聞いていました。今日は斤量にも恵まれていました。暮れ(の東京シンデレラマイルは)直行と聞いていますので何とかと思ってます。

 夏馬のようにも思いますが、キレる脚はありますし競馬が上手ですし、スタートもこれくらい出られればと思います。次走も楽しみです」

【阪本一栄調教師のコメント】
「寒くなってきたのはこの馬にとってはちょっと。徐々に体重が減ってきているのが気になるので。(次走の暮れの東京シンデレラマイルまでは)少し間を開けて使いたいと思っています。今日は決していい展開ではありませんでしたが、力を付けています」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

最終更新:11/15(金) 11:03
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事