ここから本文です

【中学受験2020】【高校受験2020】大阪私立校の外部募集人員、中学35人・高校254人増加

11/15(金) 13:15配信

リセマム

 大阪私立中学校高等学校連合会は2019年11月14日、2020年度(令和2年度)中学校高等学校生徒募集状況を公表した。内部進学予定者を除く外部募集人数は、中学校が7,195人、全日制高校が2万3,781人。試験は、中学校が2020年1月18日以降、高校が2月10日から始まる。

募集状況

 中学校の総募集人員(内部進学予定者と外部募集人員の合計)は、前年度比20人増の7,663人。外部募集を行うのは、男子3校、女子14校、共学44校。計61校の外部募集人員は計7,195人、前年度より35人増となった。

 全日制高等学校の総募集人員は、前年度比47人増の3万242人。外部募集を行うのは、男子5校、女子20校、共学69校で、金蘭千里と高槻は外部募集を行わない。計94校の外部募集人員は計2万3,781人で、前年度より254人増加。また、82校が増員可能としており、合計1,555人を受け入れることができる。

 前年度からのおもな変更点では、四天王寺学園が四天王寺東へと学校名を変更。また、高槻高校が男子校から共学校へと変更される。そのほか、大阪学芸中等教育学校が募集停止となる。

 一覧では、各校の募集人員のほか、願書受付期間や試験日、教科目、面接の有無などを確認できる。たとえば、大阪星光学院中学校(外部募集人員約190人)は、2019年12月16日から24日の期間、Webにて願書を受け付ける。2020年1月18日に実施される試験の教科目は、国・算・理・社または国・算・理で、面接はなし。関西大倉高校(外部募集人員約355人)は、Web・郵送ともに出願期間が2019年1月23日から30日。試験は2月10日、国・社・数・理・英で行われ、面接はなし。

 なお、通信制高等学校11校の募集要項については、直接学校へ問い合わせること。英風、大阪つくば開成、東朋学園の3校は、2020年4月に開校予定。

 大阪府における私立中学校、高校の入試日は、私立中学校が2020年1月18日以降、私立高校が2020年2月10日を初日とする。11月25日には、大阪私立中学校高等学校連合会Webサイトに「新入学生に係わる納付金等」が掲載される予定。

《リセマム 黄金崎綾乃》

最終更新:11/15(金) 19:09
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事