ここから本文です

公認会計士試験2019、合格率は10.7%…合格者4年連続増加

11/15(金) 13:45配信

リセマム

 公認会計士・監査審査会は2019年11月15日、公認会計士試験の合格発表を行った。合格者数は1,337人、合格率は10.7%。合格者数は4年連続で増加した。合格者の受験番号がWebサイトに掲載されている。

年別合格者調

 令和元年(2019年)公認会計士試験は、願書提出者数が1万2,532人、短答式試験受験者数が1万563人、短答式試験合格者数が1,806人、論文式試験受験者数が3,792人、最終合格者数が1,337人。合格者数は、2015年の1,051人、2016年の1,108人、2017年の1,231人、2018年の1,305人と4年連続で増加している。一方、合格率(最終合格者数/願書提出者数)は10.7%で、2018年と比べて0.4ポイント減少した。

 合格者の平均年齢は25.2歳、最高年齢は62歳、最低年齢は18歳。合格者の性別は、男性が1,022人(76.4%)、女性が315人(23.6%)。

 合格者の学歴は、「大学卒業(短大含む)」が41.3%ともっとも多く、ついで「大学在学(短大含む)」39.6%、「高校卒業」6.4%、「会計専門職大学院修了」4.8%、「大学院修了」4.2%、「その他」1.8%、「会計専門職大学院在学」1.0%、「大学院在学」0.9%。

 合格者を職業別にみると、「学生」が56.1%ともっとも多く、「無職」13.8%、「専修学校・各種学校受講生」12.8%、「会社員」「会計事務所員」各6.2%など。「学生」および「専修学校・各種学校受講生」が68.9%を占めた。

《リセマム 工藤めぐみ》

最終更新:11/15(金) 13:45
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事