ここから本文です

総統選候補の国民党・韓氏、中国との対話の必要性を強調/台湾

11/15(金) 17:13配信

中央社フォーカス台湾

(台北中央社)来年1月の総統選に野党・国民党から出馬する韓国瑜・高雄市長は14日、台北市内で台湾外国人記者クラブ(TFCC)の会員との座談会に出席し、両岸(台湾と中国)の対話の必要性を訴えた。国民党が政権を握った場合、中国と平和取り決めを結ぶのか聞かれると、「中国共産党が武力による台湾問題の解決を諦めていない以上、われわれは平和取り決めを結ぶ条件を有さない」と述べ、「現時点では(取り決めを)結ぶつもりはない」と表明した。

また、両岸間の対話と平和取り決めは「異なる概念」だとの見方を示した。

(編集:名切千絵)

最終更新:11/15(金) 17:13
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事