ここから本文です

洋ラン150種 美を競う 新潟・西蒲の園芸店で展覧会

11/15(金) 9:56配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟市西蒲区竹野町の総合園芸店「OCgarden(オーシーガーデン)」で15日から、展覧会「洋らんの楽園~胡蝶蘭の舞~」が開かれる。同社の創業50周年記念事業で、2千鉢を超える洋ランをそろえた。小原康人社長(38)は「世代に関係なく多くの人に見に来て喜んでほしい」と呼び掛けている。

 同社は1969年の創業で、選挙や慶事などで贈られるコチョウランの取り扱いでは県内最大手。50年の節目に地域の人にも楽しんでもらおうと展覧会を初めて企画した。

 会場は同社の約150坪の温室で、コチョウランやシンビジウムなど約150種類がそろう。幅15メートルに黄や紫、白など色鮮やかに飾り付けたパノラマディスプレーや、輪数世界一で一鉢200輪以上の花を付ける高さ約1・5メートルの「ザ・プレミアムホワイト」が目を引く。県内愛好家が育てた約100鉢もある。

 同社は展覧会の開催に当たり、子どもたちの感性を育むことや高齢者の活力アップに貢献するため、企業や個人から集まった協賛金を使い、近郊の幼児や介護施設利用者を招待する。小原社長は「お客さんがどのように感じてくれるか楽しみ」と話した。12月1日まで。午前10時~午後5時(最終入場は4時半)。入場料600円で中学生以下無料。問い合わせは同社、0256(72)6357。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事