ここから本文です

電気機器設計の一貫したマルチフィジックスデザインワークフローを提供

11/15(金) 13:10配信

MONOist

 ANSYSは2019年10月8日、電気モーター設計ソフトウェア「Motor-CAD」の提供契約を、Motor Designと締結したと発表した。同社のマルチフィジックス解析機能にMotor-CADを統合することで、電子機器製品ライフサイクルの設計段階にまでシミュレーションを拡張。高機能な電気機器設計を支援する。

 Motor-CADは、モーターと発電機の電磁気性能や冷却を最適化するためのソフトウェアパッケージで、Motor Designが開発。全作動領域で機器の電磁界、熱および機械的な性能を効率的に求めることができる。

 今回の協業により、Motor-CADとANSYSのマルチフィジックス解析機能を統合する。これによりANSYSは、初期設計段階から検証まで、電子機器設計の一貫したマルチフィジックスデザインワークフローを提供可能になった。

 また、ANSYSのソルバーにMotor-CADモデルを組み込めるため、高性能の2Dおよび3Dの解析機能が得られ、詳細な解析・検証が可能になるとしている。

MONOist

最終更新:11/15(金) 13:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事