ここから本文です

エンジンオイル不正燃焼への取り締まり強化続く。FIAがF1ブラジルGPを前に新たな技術指令を発行

11/15(金) 13:00配信

motorsport.com 日本版

 FIAは、F1ブラジルGPを前に新たな技術指令を出し、各F1チームにエンジンオイルの使用に関するさらなるデータ提出を求めている。エンジンオイル燃焼によるパフォーマンス向上への取り締まりをさらに強化した形だ。

【スパイショット】フェラーリSF90のパワーユニット

 ブラジルGPに先立ち、FIAはエンジンオイルの燃焼を禁止するという、以前の指示を繰り返す技術指令を出した。また、全てのチームにエンジンオイルの仕様や量などの詳細を提出するよう要求している。今後、FIAがエンジンオイルに関するチェックを行う場合に、参照データとして活用するためだ。

 この措置は特定のメーカーやチームをターゲットにしたものではない。しかしながら、夏休み以降パフォーマンスを上げたフェラーリに対し、ライバルたちは疑惑の目を向けている最中だ。

 少なくとも1チームが、フェラーリが予選でパワーを増す背景にある行為の合法性について、数週間前にグレーゾーンの明確化を求めてFIAにアプローチしたようだ。

 フェラーリはライバルたちとは異なり、パワーユニットの冷却システムにエンジンオイルを使用している。一説には、インタークーラーからエンジンオイルが”漏れ”、蒸発した少量のオイルがエンジンの燃焼プロセスに入ると考えられている。

 F1の技術規則では、冷却システムについて『燃焼用の空気も含め、いかなる液体の潜在的な気化熱も意図的に利用してはならない。ただし、エンジン内の通常の燃焼を目的とする燃料は除く』と規定されている。

 前戦アメリカGPでは、FIAはチームからのリクエストを受け、燃料流量規制を悪用するような特定の行為は違反だと明示した。

 アメリカGPで振るわなかったフェラーリに対し、「不正をやめたからだ」と口撃したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、FIAの取り締まり強化を歓迎している。

 FIAの技術指令について、どう思うか訊くと、フェルスタッペンはmotorsport.comに次のように答えた。

「うん、素晴らしいね」

「FIAは間違いなくそれにうまく対処している。許可されていることと許可されていないことは誰にとっても非常に明確だ。全体的に言って、FIAがあらゆるものをうまく掌握していることは良いことだ」

「しかし、レギュレーションは非常に複雑だ。多くのルールがあるので、すぐに対処をするのは簡単な仕事ではないんだ」

Scott Mitchell

最終更新:11/15(金) 13:00
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事