ここから本文です

中条あやみが「悪魔の手毬唄」に出演、物語の鍵を握るスター歌手に

11/15(金) 5:00配信

映画ナタリー

加藤シゲアキ(NEWS)が主演を務めるスペシャルドラマ「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」に、中条あやみが出演していることがわかった。

【写真】「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」(メディアギャラリー他4件)

横溝正史の小説をもとにした本作は、2つの名家が対立する閉鎖的な村・鬼首村で起きた連続殺人事件を巡るミステリー。加藤が2018年12月放送の「犬神家の一族」以来2度目の金田一耕助を演じるほか、生瀬勝久、小瀧望(ジャニーズWEST)、寺島しのぶが共演に名を連ねる。「犬神家の一族」に続いて根本ノンジが脚本、澤田鎌作が演出を担当した。

中条が演じるのは、物語のキーパーソンとなる鬼首村出身のスター歌手・大空ゆかり。「グラマーガール」の愛称で親しまれ、国民的人気を博すゆかりだが、20年前に父親が起こした殺人事件により、人殺しの子として村を追われた悲しい過去を背負う。金田一耕助シリーズのファンだという中条は、本作への出演を喜び、「今作はどんなミステリードラマよりも怖いんじゃないかって思うくらい、女性同士の争いがたくさん描かれています。“女性は怖いな”って思いました(笑)」と台本の感想を述べた。

「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」は、12月21日にフジテレビで放送。

■ 土曜プレミアム「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」
フジテレビ系 2019年12月21日(土)21:15~23:25

■ 中条あやみ コメント
□ 台本を読んだ感想
私自身、金田一耕助シリーズのファンだったので、台本が目の前にあるのがうれしくて。物語の中に入れることをとても光栄に思っています。今作はどんなミステリードラマよりも怖いんじゃないかって思うくらい、女性同士の争いがたくさん描かれています。“女性は怖いな”って思いました(笑)。

□ 大空ゆかりを演じるにあたって
スターとしての華やかさを持つ一方で、消したい過去を背負った闇のある人物でもあるので、その両方が出せればいいなと思います。そして、ゆかりのファッションがとてもすてきなんです。時代を感じるレトロなお洋服をたくさん着させていただきまして。“これぞ金田一!”という独特な世界観にスッと入っていける衣装だなと思いました。ワンピースももちろんかわいいんですけど、一番のお気に入りはドレスにファーコートというスタイルです。昔のシンガーみたいでかっこいいんです! そのあたりもぜひ注目していただければうれしいです。

□ 共演者や現場の雰囲気について
とても怖いストーリーを描くドラマですけど現場はとても温かくて楽しい雰囲気です! 特に加藤(シゲアキ)さんと生瀬(勝久)さんがいつもニコニコしていて楽しい話で盛り上がっています(笑)。

□ 視聴者へのメッセージ
クリスマスを控えたハッピーな時期に、とても怖いドラマが放送されるわけですが、女性の強さや愛を描く物語でもあると思っています。金田一の世界観に思い切り浸っていただいて、ゾッとしながら謎解きを一緒に楽しんでいただければうれしいです。

■ 金城綾香(プロデューサー・フジテレビ第一制作室)コメント
大空ゆかりは国民的スターであるという設定なので、文字通り国民的なスターにご出演いただきたいと思い、中条あやみさんにオファーさせていただきました。中条さんは、少女のようなかわいらしさと共に力強いまなざしをお持ちで、悲しい過去を背負いながらも強く生きるゆかりにピッタリです。“何を考えているのかわからない……”、そんな彼女のミステリアスな挙動にも注目してください。また戦後から復興していく時代の日本の女性の姿を、色とりどりのモダンなファッションと共にご覧いただきたいです。目にも楽しめる一夜になることをお約束します。

(c)フジテレビ

最終更新:11/15(金) 5:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事