ここから本文です

柳楽優弥の“誰も知らない”素顔に密着、初パーソナルブック「やぎら本」が発売

11/15(金) 18:30配信

cinemacafe.net

俳優・柳楽優弥の30歳記念アニバーサリーブック「やぎら本」の発売が決定。これまでの自身の歴史、俳優人生をふり返る、初のパーソナルブックとなる。発売決定と同時に、今回収録イメージカットとメイキング映像が到着した。

【写真】柳楽優弥初パーソナルブック「やぎら本」収録イメージカット

1990年3月26日生まれ、現在29歳の柳楽さん。是枝裕和監督作『誰も知らない』にて、14歳という史上最年少・日本人初となるカンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞。その後も、蜷川幸雄演出舞台「海辺のカフカ」や、ドラマ「アオイホノオ」「ゆとりですがなにか」に出演。「おんな城主 直虎」では大河ドラマ初出演を果たし、『銀魂』シリーズや『ザ・ファブル』『泣くな赤鬼』など様々な作品に出演している。

今後は、葛飾北斎の青年期を演じ、田中泯とW主演する『HOKUSAI』が、来年初夏に公開を迎える。

ディープな役作りやズバ抜けた表現力、圧倒的な存在感を放ち、各界から評価される一方、その素顔はどこかミステリアス。「やぎら本」では、ナチュラルで自然体な表情や意外な素顔に迫り、様々なシチュエーションで撮り収められた写真を多数収録予定だという。


複数のテーマで様々な有名フォトグラファーによる撮り下ろし企画を実施し、多彩な魅力が凝縮された充実の企画は見応え十分だ。なお、30歳を迎える来年3月の誕生日当日にも撮影が予定されている。


また、30歳を迎える人生の新たなステージへと差し掛かるこの機に、濃厚な半生をふり返り、カンヌという大舞台での評価の後に苦しみもがいた過去、再びメインストリームへとカムバックした現在、今後見つめる未来と本作を通して向き合い、「柳楽優弥」という一人の等身大の人物像を掘り下げ紐解いていく。


さらに、是枝監督、クエンティン・タランティーノ監督らとの対談の様子も収録予定と、盛り沢山な内容となっている。

そして今回到着した収録イメージカットには、台湾や生まれ故郷・東大和市などで撮られたプライベート感溢れる自然な距離感のナチュラルな素顔が。


「やぎら本」発売も発表された先日のファンイベント「いちごいちえ」では、柳楽さんが本作について「以前から、『写真集みたいなものは出ないんですか?』と、みなさんに言って頂いていたのですが、これまでそういった作品を一冊も出してきていなかったので、30歳という節目の年に、初めて作らせていただくことになりました」と制作のきっかけを話す。


また内容についても触れ、「ニューヨークに今年の頭に短期留学した時に撮ったり、台南でロケ撮影をしたり、自分の生まれ故郷でも撮れたり、ベッドサイドのシチュエーションで撮らせていただけたりと色んな撮影をさせていただきました。全て違うカメラマンさんに撮影していただいて、それぞれに違った色の良さがある写真が収録される予定です」と明かしている。


そして「すごく映画の撮影に参加する機会が多かった」と今年をふり返った柳楽さんは、「主人公という設定で作品に関わることが多かったので、自分の中での挑戦だったり、トライアンドエラーを毎日繰り返していた年でもあったなと思います」と言い、「カンヌ、ベネチア、ベルリンなどの三大映画祭も視野に入れて、今後は挑戦していきたいです」と今後について大きな目標を明かしている。



柳楽優弥30thアニバーサリーブック「やぎら本」は2020年6月27日(土)発売。

最終更新:11/15(金) 18:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事