ここから本文です

巨人は原監督が交渉に電撃出馬も…楽天FA美馬は本当に必要ですか

11/15(金) 11:45配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 巨人は14日、秋季キャンプが行われている宮崎でソフトバンクと練習試合を行った。地元出身の戸郷翔征(19)が先発。2回を完全投球で最速は148キロだった。高卒1年目右腕は「結果は良かったけど課題が見つかった」と浮かれる様子はなかった。

 続く2番手の大江竜聖(20)は4失点、3番手の直江大輔(19)も4失点でKOされたものの、彼らは球団期待の若手有望株だ。

 他にも現在、中米・プエルトリコのウインターリーグに派遣されている高田萌生(21)、古川侑利(24)は来季、先発ローテーション入りが期待されている。

 それでも巨人はFA補強に躍起である。

 13日に原辰徳監督(61)が楽天から国内FA権を行使した美馬学(33)の獲得へ電撃出馬したのだ。宮崎から一時帰京している最中、都内で4度目の交渉に同席。「簡単に言えばジャイアンツで一緒にやろうということ」と報道陣に話し、キャンプ地に戻った。

■提示は3年総額5億円規模

 美馬は今季8勝5敗、防御率4・01。楽天の先発ローテを支え、この4年間で3度、規定投球回に到達した。原監督は「150(イニング)近く投げられる人は、いそうでいない」と評価している。楽天での今季の年俸は6500万円。巨人は3年総額5億円規模の条件を提示しているとされる。

 昨年の丸、かつては小笠原。FA交渉の場に原監督が直接出向くことはめったにない。そこまでして欲しい投手ということになるが、そもそも必要なのか。

「150回を投げられる馬力があると評価しているのは確か。でも、貯金までは期待していないかもしれません。日本シリーズで4連敗したし、とにかく少しでも投手陣の層を厚くしたい。戦力を充実させたいんです。ただ、人的補償として1人選手を失う上、そのために枠が1つ埋まって若手が押し出されてしまう。2人分のマイナスに美馬が値する投手かといえば、そうではないでしょう」(巨人OB)

 過去に2ケタ勝利1度の“中堅クラス”。それなら、若手の成長に期待した方が、はるかにマシである。

最終更新:11/15(金) 11:45
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事