ここから本文です

<梶裕貴>「PSYCHO-PASS3」への思い 「バディー感は特別」 狡噛&宜野座に「興奮」も

11/15(金) 20:14配信

MANTANWEB

 人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のテレビアニメ第3期「PSYCHO-PASS サイコパス 3」で主人公の一人、慎導灼の声優を務める梶裕貴さんがコメントを寄せた。第3期は、梶さんが演じる灼と、中村悠一さんが声優を務める炯・ミハイル・イグナトフという二人の新人監視官によるバディーもので、梶さんは「炯とのバディー感は、やはり特別だと思います」とコメント。また、第2話での登場が話題となった人気キャラクターの狡噛慎也、宜野座伸元と灼が会話するシーンを「興奮しましたね。とても緊張しましたが、感慨深かったです」と振り返った。同作の魅力や演じる上でのこだわりなども語った。

【写真特集】灼の意味ありげな表情… ドミネーター起動シーンも 名場面を一挙に

 ――2012年にスタートして以来、テレビアニメシリーズ、劇場版、舞台化など幅広く展開している「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ。作品自体にはどんな印象を持っていましたか? また本作の魅力は?

 実にノイタミナ(同作を放送しているフジテレビの深夜アニメ枠)のコンセプトらしい、新しいアニメの魅力を伝えてくれているように思います。現在なのか未来なのか、実写なのかアニメなのか、真実なのか虚構なのか……あらゆる面で見る人の心を揺さぶってくる作品だと思います。

 ――第3期は公安局刑事課一係のメンバーが一新されていますが、本作の物語に触れた際の印象は?

 立ち位置や視点を変えることで、また違った面白さが出てくるのだなと感じました。おなじみのキャラクターたちの再登場は僕自身もうれしかったですし、劇場版などを経て、それぞれさらに成長・変化している姿を見ると感慨深いものがあるなと思いました。

 ――慎導灼を演じる上で大事にしていることを教えてください。

 炯とのバディー感は、やはり特別だと思います。幼なじみでもある彼だけに見せる部分が多々あるように感じているので、炯と会話するシーンでは、その心の距離の近さや、一歩踏み込んだある種の危うさみたいなものを意識するように演じています。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 20:14
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ