ここから本文です

川崎の台風浸水、初の住民説明会 市対応に批判相次ぐ

11/15(金) 20:40配信

カナロコ by 神奈川新聞

 台風19号で川崎市の多摩川沿いの広範囲が浸水被害に遭ったことを受け、市は14日夜、初の住民説明会を市立東高津小学校(高津区)で開いた。市は、水位の増した多摩川の水が排水管を逆流して街中にあふれ出したことが被害を招いたと説明。住民からは、排水管の水門を閉じて逆流を防がなかった市の対応を批判する声が上がった。

【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

 これまでの市の調査で、排水管の逆流現象は市内5カ所で確認された。浸水の発生メカニズムや市の対応を伝えるため、市は当該地域を対象に順次説明会を開くことにしている。今回はその第1弾で、約400人の住民が詰め掛けた。

 市側からは上下水道局の幹部ら約10人が出席。水門を閉めると地域内に降った雨水を多摩川に排水できなくなる恐れがあることから「操作手順では、降雨の場合は水門を閉めないことになっている」と述べ、市の対応に理解を求めた。

 参加者からは「水門を閉めていたら逆流は防げており、こんなにひどい浸水にはならなかった」「2年前の台風でも浸水があった。対策はしていたのか」などの意見が出た。市側は「同様の状況になっても被害を最小限にできるよう、本年度末までに対策を示したい」と答えた。

神奈川新聞社

最終更新:11/15(金) 20:40
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事