ここから本文です

阪神ドラ6・小川「一平ちゃん」CM出るモン “一平基金”も検討…火の国を勇気づける

11/15(金) 9:00配信

デイリースポーツ

 阪神からドラフト6位指名された小川一平投手(22)=東海大九州=が14日、熊本市内のホテルで入団交渉し契約金3000万円、年俸700万円で仮契約を結んだ。プロで活躍した暁には、商品名に自身の名前が入っている人気カップ焼きそば「一平ちゃん」のCM出演を熱望した。

 親近感を覚えていた。小川がテンションを上げたのは大好物「一平ちゃん」の話題が出た時。「意識して食べていました。CM(出演依頼)、来ないかな」と名乗りを上げた。

 お気に入りは塩味で「おいしい」と舌鼓を打つ。運動選手にとってインスタント食品は栄養価など適さない部分もあるが、どうしても「食べたい時に。2週間に1回」。体作りに影響が出ない範囲で口にするという。

 CM出演の実現にはプロでの活躍が近道。実績を積み重ねた際には“一平基金”の設立も検討する。16年4月の熊本地震発生時は甚大な被害が出た。小川がキャンパスへ通う時に利用した阿蘇大橋も崩落。「早く1軍に。恩返しできれば」。自分の投球が少しでも被災者の励みになればと願う。

 同大野球部は毎年1月に熊本城を築城した加藤清正を祭る「加藤神社」を参拝。くしくも清正の愛称は「虎之助」だ。「御利益があれば」。CM出演をかなえるほどの成績で火の国を勇気づける。

最終更新:11/15(金) 9:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい