ここから本文です

<結木滉星>ルパパトは「いい意味で過去」 初の単独主演でアクションも「ゼロからのスタート」

11/16(土) 9:20配信

MANTANWEB

 本格忍者アクション映画「下忍 青い影」(山口義高監督)で主演を務める結木滉星(ゆうき・こうせい)さん。結木さんといえば、今年2月まで放送されていたスーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(ルパパト)のパトレン1号/朝加圭一郎役で知られるが、「ルパパトの最終回から半年以上が過ぎて、もっと前のことのようにも感じますし、思い出すことも減りました。自分の中でうまく消化できていて、いい意味で過去の作品」と語る。また「下忍 青い影」は初の単独主演作で、アクション監修を映画「キングダム」にも出演していた坂口拓さんが担当。「ルパパトで1年間、アクションを経験しましたけど、全くの別物。ゼロからのスタートでした」と振り返る結木さんに話を聞いた。

【写真特集】より精悍な顔つきになった結木滉星 やっぱりかっこいい… 全身ショットも!!

 ◇「下忍 青い影」のアクション 「今までやってきたものとは別ジャンルという感覚」

 「下忍 青い影」は、寛一郎さん主演で10月4日に公開された映画「下忍 赤い影」の前日譚(たん)。舞台は幕末。倒幕を狙う薩摩藩士たちの狼藉(ろうぜき)で庶民の暮らしが脅かされている時代に、琉球武術の使い手の尚(結木さん)は、薩摩藩士・隆正(須賀貴匡さん)といさかいの果て、不穏な空気が漂う江戸に流れ着いていた。尚はある日、女郎屋に売られた少女・千(三上紗弥さん)と出会うが、その陰には、西郷隆盛から指令を受けて江戸の動乱に拍車をかけたい隆正の姿があった。因縁の再会を果たした時、尚の心の奥底に青白い火がともり、そしてその火を見透かした勝海舟(津田寛治さん)は、尚に時代変革の着火剤として働くよう密命を下す……。

 坂口さんと初めてタッグを組んだ本格忍者アクションが大きな見どころ。結木さんは「拓さんがアクション監修ってことで、今までやってきたものとは別ジャンルという感覚でした。『こんなにも違うのか』って驚きましたし、全てが新鮮。こんなにもリアルを追求するアクションってなかなかないので、いい経験をさせてもらいました」としみじみと話す。

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 9:20
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事