ここから本文です

F1=フェテル、フェルスタッペンの不正発言を批判「未熟だ」

11/15(金) 11:34配信

ロイター

[サンパウロ 14日 ロイター] - 自動車レースF1、フェラーリのセバスチャン・フェテル(ドイツ)は14日、レッドブルのマックス・フェルスタッペン(22、オランダ)がフェラーリについて、エンジンで不正なアドバンテージを得ていたと発言したことに対し、「未熟だ」と批判した。

フェルスタッペンは、今月に行われた米国グランプリ(GP)でフェラーリが低調なパフォーマンスに終わったのは、国際自動車連盟(FIA)がエンジンの燃料流量システムに関する規則を明確化したからだとし、オランダのテレビ局のインタビューでフェラーリが「不正」を働いていたと述べていた。

フェテルは報道陣に対し、「誰もが自由に発言できると思う。チームの中で個人的に受け止めた人は一人もいないはず」と話す一方で、フェルスタッペンの発言を「プロフェッショナルでないし、未熟だと思う」とコメント。「反論することにあまり興味はない。私たちが通常営業に戻ることが最善の答え方ということ以外に言うことはない」と語った。

最終更新:11/15(金) 11:34
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事