ここから本文です

春日部で金工作家のアトリエイベント 500点の作品展示や飲食出店も

11/15(金) 17:14配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 春日部市内在住の金工作家、平島鉄也さんが自身のアトリエ兼造形教室「Art & Craft Studio T-BOX(アートアンドクラフトスタジオ・ティーボックス)」(春日部市永沼)を開放したイベント「858-市」を開いている。(春日部経済新聞)

来場者に展示作品の紹介をする平島さん

 イベント名にアトリエの住所をそのまま使い「858-市」とし、今回で18回を迎える。自然や動物をモチーフとした作品を制作する平島さんの作品や、造形教室の生徒、関わりのある作家の作品など合わせて約500点が並ぶ。

 飲食出店やワークショップは日替わり。15日は、パン販売「KIKI BASE」の出店と、版画やつまみ細工、スイーツデコのワークショップ。16日はパン販売の「ホイロ」や雑貨販売の「さささ商店」、足つぼ「足屋心森」の出店で木工や陶芸のワークショップなども加わり、17日は「さささ商店」や似顔絵、ガラスの小物制作体験のワークショップなどがある。

 平島さんは「イベントは教室の生徒さんだけではなく、たくさんの方が楽しめるようにしたいと思っていたが、今では市内外から一般の方が多く来てくれるようになった。まちでつながりができた方々に出店をしてもらうなどで、春日部を盛り上げていく一助となれたら。この輪が広がっていったらうれしい」とほほ笑む。

 市外から親子で参加した女性は「今回初めて来た。すっと入ることができる良い雰囲気。2歳の子どもも作ることが好きで、展示作品を触りたがる。作品を見ていたら私も創作意欲が湧いてきた」と話す。

 開催時間は10時~18時(最終日は17時まで)。入場無料。今月17日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:11/15(金) 17:14
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事