ここから本文です

新木優子&高良健吾がW主演「モトカレマニア」第5話視聴率は4・6% 前回から1・6ポイント上昇

11/15(金) 10:10配信

スポーツ報知

 14日に放送された女優の新木優子(25)と俳優の高良健吾(31)主演のフジテレビ系連続ドラマ「モトカレマニア」(木曜・後10時)第5話の平均視聴率が4・6%だったことが15日、分かった。

 初回は5・6%でスタート。第2話は5・2%。第3話は4・1%。第4話は直前のプロボクシング・ダブル世界戦中継の影響で30分遅れで放送開始し、3・0%。今回は1・6ポイントアップした。

 女性向け漫画誌「Kiss」に連載中の瀧波ユカリ氏の同名コミック=写真=が原作。5年前に別れた元カレ・マコチ(高良)を忘れられない“モトカレマニア”の独身OLユリカ(新木)を描いたラブコメディー。就職先の不動産会社で「同僚」として元カレと再会してしまい、心が揺れ動く―というストーリー。

 元カレのことを引きずりまくるイタカワ女子(=痛いけどかわいい女子)を演じる新木は、プライム帯(後7時~11時)のドラマ主演は初めて。共演は浜野謙太、小手伸也、山口紗弥加、田中みな実ら。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:11/15(金) 10:10
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事