ここから本文です

健大高崎が初戦突破 山本がタイブレークで満塁弾「入るとは思わなかった」

11/15(金) 18:18配信

デイリースポーツ

 「明治神宮野球大会・高校の部1回戦、高崎健康福祉大高崎7-1倉敷商」(15日、神宮球場)

【写真】左越えに満塁弾を放った健大高崎・山本

 関東王者の高崎健康福祉大高崎(群馬)が、中国王者の倉敷商(岡山)を相手に開幕ゲームを勝利で飾った。延長十回タイブレークに山本遼哉外野手(2年)が「入るとは思わなかった」と左翼への満塁本塁打など、一挙6得点。エース左腕の下慎之介投手(2年)が10回1失点完投で初出場初勝利に導いた。

 初回、二回の連続で盗塁を失敗するなど計3盗塁死。代名詞である「機動破壊」でたたみかけることはできなかったが、青柳博文監督は「ピッチャーを中心に粘りながら」と勝ち越し点を許さなかった守備面を称えた。

 大会第3日第1試合の準々決勝では九州王者の明豊(大分)と対戦する。

最終更新:11/15(金) 18:44
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事