ここから本文です

トンプソン、近鉄今季初戦に先発 17日ラグビー・トップチャレンジ 開幕節・清水建設戦

11/15(金) 15:15配信

スポーツ報知

 ラグビー・トップチャレンジ(2部)リーグの近鉄は15日、開幕節の清水建設戦(17日・ヤンマーフィールド長居)のメンバーを発表し、今秋W杯日本大会に出場した日本代表最年長38歳のトンプソン・ルークが左ロックで名を連ねた。

 今季限りでの引退を表明しているトンプソンは4大会連続でW杯に出場し、日本代表が初のW杯8強入りを決めたスコットランド戦(10月13日・横浜)にフル出場するなど5試合中4試合に出場して奮闘。5日から近鉄のチーム練習に合流し「トップチャレンジで優勝する」と有終Vを誓った。今季のレギュレーションではトップチャレンジとトップリーグ(1部)との入替戦は行われない。

 ◆トンプソン・ルーク 1981年4月16日、ニュージーランド・クライストチャーチ生まれ。38歳。13歳からラグビーを始め、リンカーン大卒業後の2004年、三洋電機(現パナソニック)入り。06年、近鉄入り。07年、日本代表初キャップ獲得。07、11、15、19年W杯出場。通算71キャップ。10年、日本国籍取得。愛称は「トモ」。196センチ、110キロ。家族は妻と1男2女。

最終更新:11/15(金) 18:20
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事