ここから本文です

森昌子の「たぶん最後」発言に天童よしみ涙「昌子さんの言葉が響いた」

11/15(金) 20:26配信

デイリースポーツ

 関西テレビ「よ~いドン!」(月~金曜、前9・50)発のイベント「よ~いドン!歌謡祭」が15日、東大阪市文化創造館で行われ、年内で引退する歌手・森昌子(61)や、天童よしみ(65)、松本伊代(54)、円広志(66)らが出演した。

【写真】息子のワンオクTaka 決めポーズ

 1450人の観客が見守る中、森は「せんせい」、「同級生」、「中学三年生」のメドレー、「哀しみ本線日本海」、「立待岬」などを披露。昨年迎えた還暦をきっかけに決意した引退について「13歳の子供の頃からずっと芸能界にいて、自分で好きな所に行ってってこともなく、決められたスケジュールで動いてきた。もうちょっとここからは自分で好きな人生を歩いて行きたい」と改めて思いを述べた。

 ステージでは、番組のコーナー「となりの人間国宝さん」で円と出会った音楽の「天才少女」3人が腕前を披露した際、森が女子高生天才ドラマーに向かって「(現役を)1年延長します。ドラムをやってください」とジョークを飛ばして笑わせる場面があった。

 1983年のヒット曲「越冬つばめ」の作曲を手がけた円は「もったいない。(結婚時に続く)2回目の引退だから、もう1回帰って来たらいい。大仁田厚なんか6回くらいやってる」と提案。森は「それはないですね。残された人生は好きなように時間を使いたい。やり切った感じがある。大先生(円)にも曲を書いてもらって、あそこから女性として本格的に歌手としてスタートさせてもらった。わがままだけど、ここで区切りをつけたい」と言い切った。

 円との最後のコラボも実現し、デュエット曲「好きかもしれない~大阪物語~」を軽快に披露後、円のコーラス付きで「越冬つばめ」をしっとりと歌い上げ、観客を酔わせた。森が「皆さん、たぶん最後と思います。もうすぐ私はいなくなりますが、この日の思い出を胸に生きていきます」とあいさつすると、天童が「昌子さんのこれで最後という言葉が響いた」と涙ぐむ場面も。ラストは円の大ヒット曲「夢想花」を出演者で明るく歌って大団円となった。

最終更新:11/15(金) 23:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事