ここから本文です

eスポーツ「遊☆戯☆王」には3000人が集結!ギネス再樹立目指す

11/16(土) 10:03配信

スポーツ報知

 NPBとKONAMIが主催するプロ野球球団対抗戦のeスポーツ大会「eBASEBALLプロリーグ」の2019年シーズンがこのほど開幕した。野球ゲーム「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」によるペナントレースで、令和初となる王者を目指して、各球団がしのぎを削る。また開幕戦と同日には、幕張メッセで「遊☆戯☆王」の大会が開催され、3000人の頂点を決める戦いが繰り広げられた。(増田 寛)

 eベースボールのペナントレースが開幕した同日、幕張メッセではカードゲーム「遊☆戯☆王」の祭典「Yu―Gi―Oh! CHAMPIONSHIP SERIES JAPAN(ユウギオウ チャンピオンシップ シリーズ ジャパン)」が開催された。

 抽選で選ばれた3000人のプレーヤーが頂点を争った。もともと海外で開催されている大会で、トーナメント方式。開催数は2018年9月で200回を迎え、その規模は「参加人数が最も多いTCGトーナメント」として世界記録を樹立したこともある。ギネス記録を再樹立することを目標に来年度以降も開催を予定している。

 ◆「遊★戯★王」カード 1996年から集英社の「週刊少年ジャンプ」で連載された高橋和希氏原作の漫画を映像化したアニメ「遊☆戯☆王」シリーズを題材とした対戦型カードゲーム。コナミデジタルエンタテインメントが1999年から発売を開始し、日本、北米、欧州を中心に、全世界で展開。世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲームとしてギネス世界記録認定されている。

最終更新:11/16(土) 10:21
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事