ここから本文です

『時効警察』寺島しのぶがプロレスラーに!? 柳葉敏郎も「夢が叶って最高」

11/15(金) 8:22配信

オリコン

 時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決事件の謎に挑む、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域を除く)。22日放送の第6話(脚本:田中眞一、監督:大九明子)は寺島しのぶと柳葉敏郎がメインゲストで出演する“プロレス編”。二人の衝撃的な映像は、きょう15日放送の第5話「伝説の芸人ラジオ生放送殺人!?」で流れる次回予告で初披露される。

【写真】人気プロレスラーたちも出演

 第6話では、試合前に何者かに負わされた頭部の傷が原因となり、プロレスラーがリング上で息絶えた時効事件を、霧山が捜査する。しかも、亡くなったレスラーが所属していた「気合プロレス」のCEO役に寺島、彼女を“お嬢”と呼んで慕うレフェリー役に柳葉が配役された。

 寺島が演じる枕木葵は「気合プロレス」を人気団体に押し上げたカリスマCEO。「出演の決め手は役どころと題材」という寺島は、撮影初日から本物のリングに上がり、てんやわんやの大興奮。

 「女子プロレスが全盛期だったときにクラッシュ・ギャルズさんが大好きで、しょっちゅう技を練習していた」という寺島はファイティングポーズを取りながら、「人生初のプロレス団体CEO、そしてプロレス技をかけるのも得意という役柄。気合を入れて臨みたいと思います!」と声高らかに宣言。「リングに上がれただけで、ロープをまたげただけでもう…。リングは聖域ですよ! マットの感触とかね…」と、ウットリする一幕もあった。

 そのプロレス愛はホンモノで、「ほかの出演者が技をかけるシーンを見ていたらウズウズしちゃって、現場にいらっしゃった現役プロレスラーの方にお願いして、卍固めをかけさせていただいちゃいました。そしたら『技のかけ方が速い』と褒められて、すごくうれしくて! やっぱり体が覚えているんです(笑)!…って、私はレスラーか!?」と、自らにツッコむほどスパーク。

 劇中ではなんと霧山にジャーマンスープレックスをかけるシーン(!?)も。「アドリブで、オダギリくんに卍固めをかけちゃおうかなぁと思っていたんですけど(笑)、肩を最近痛めたと小耳に挟んだので止めよう、と。肩を痛めてなかったら、本当にやっちゃっていたかもしれないです」と、明かしていた。

 一方、レフェリーのシューレス猿又を演じる柳葉は「以前から『時効警察』が大ファンで…! 出演できるなら人間の役じゃなくてもいい。なんなら墓石の役でもいいと思っていた」と打ち明ける。念願の出演に「夢がかなって最高で~す!」と、興奮冷めやらぬ様子。「とにかく『時効警察』の空気に溶け込めれば、それでいい!」という一心で、「おそらく今回ほど、監督のなすがままにやった仕事はエキストラ以来です」と明かす。

 第6話には「DDTプロレスリング」の人気プロレスラーたちも出演。HARASHIMAが「気合プロレス」の現エース・高原本気を、佐々木大輔が時効事件で殺された看板選手・丸山真剣を、男色ディーノが丸山にベルトを奪取された元チャンピオン・土倉髑髏を演じる。

 3人は「いつもと違う僕を見て楽しんで下さい! プロレスに興味をもってくれる人が増えたら、うれしいです!」(HARASHIMA)、「私の夢でありました役者デビュー。もうこの世に未練はありません!」(佐々木)、「DDTプロレスファンの皆様には『これからは私のことを俳優、いや名優と呼べ!』と言ってやりたいです」(男色)と、気合たっぷり。芝居という異種リングで戦う姿に注目だ。

最終更新:11/16(土) 8:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事