ここから本文です

Linked Horizon、サウジアラビアで日本人初ライブ歌唱。現地での“イェーガー”に「最高です!」

11/15(金) 11:00配信

BARKS

Linked Horizonが、サウジアラビアでの公式イベントに初の日本人アーティストとしてライブ出演した。

◆Linked Horizon 画像

同イベントは<SAUDI ANIME EXPO 2019>と称され、11月14日~16日にサウジアラビアで初めて開催された公式ジャパニメーションイベントだ。各種展示や体験コンテンツ、ステージパフォーマンスを通して、サウジアラビアに日本のアニメを発信していく国内最大のイベントとなっている。

開催地である首都リヤドの特設会場内メインステージに、サウジアラビアでは初の日本人アーティストとしてTVアニメ『進撃の巨人』テーマソングを担うLinked Horizonが招かれ、日本代表としてライブパフォーマンスを行った。

この日のイベントには1万6千人もの観客が集まり、初めて観るLinked Horizonのライブパフォーマンスに現地ファンも大いに沸き返り、国境を越えた一体感が生まれた。

これまでもLinked Horizonは積極的に世界各地でライブを行ってきたが、中東は自身初。また一つ世界との絆を作り上げ歴史的な快挙としてサウジアラビア国内でも注目となった。

この日のライブでLinked Horizonはキャストとスタッフを総勢60名以上日本から帯同させ、通常のワンマンライブとほぼ同じステージを作り上げた。TVアニメ『進撃の巨人』Season1前期オープニング主題歌「紅蓮の弓矢」からパフォーマンスが始まった瞬間、会場は熱狂の渦に包まれた。

1曲目を歌い終わった主宰Revoは「こんばんは、Linked Horizonです。サウジアラビアには初めて来ましたが、今夜、皆さんと共に“イェーガー”が出来て最高です!ありがとうございます。」とアラビア語でのMCに初挑戦した。対する観客席からは惜しみない拍手で溢れ、会場は歓喜に包まれた。

MC後、キャストの歌姫・松本英子が「14文字の伝言」を熱唱、続いて福長実咲が「彼女は冷たい棺の中で」を歌い上げ、いよいよクライマックスに差し掛る。最後には、TVアニメ『進撃の巨人』Season2オープニング主題歌「心臓を捧げよ!」を熱唱し、その場にいる全員が左胸に拳をあてる“心臓を捧げる”ポーズを決め、観客は最高潮のボルテージに達した。

歌い終えたRevoは再びアラビア語で「ありがとう、サウジアラビア。また会いましょう!」と現地のファンに感謝を伝えサウジアラビアでの初ステージを締めくくった。

世界で活躍していくLinked Horizonに期待する一方、Revo自らが主宰する幻想楽団「Sound Horizon」もAround15周年プロジェクトがスタートし話題となっている。これからの様々な活動に注目したい。

撮影:Tsukasa Miyoshi (Showcase)

最終更新:11/15(金) 11:00
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事