ここから本文です

山口市の赤田神社の大イチョウ色づく

11/15(金) 13:52配信

宇部日報

舞い散り積もり、黄色いじゅうたん

 朝夕の冷え込みが強まる中、山口市内のモミジやイチョウが色づき始めた。14日、吉敷赤田の赤田神社(末田一志宮司)では、樹齢200年を超えるイチョウが黄葉し、晩秋の空に彩りを添えている。風で舞い落ちた葉が辺りに黄色のじゅうたんを敷いたように積もり、参拝者たちの目を楽しませている。
 
 この日は、県内外から訪れた観光客や写真愛好家らが思い思いにレンズを向けていた。

最終更新:11/15(金) 13:52
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事