ここから本文です

15日の天気 朝晩の冷え込み厳しい 北日本・北陸は雨や雪に

11/15(金) 5:44配信

ウェザーマップ

 きょう15日(金)は、北日本と北陸では日本海側を中心に天気が崩れやすくなる見込み。北海道では、大雪や猛ふぶきによる交通障害に警戒が必要だ。

 東~西日本は広い範囲で一日を通して晴れるが、朝晩は冷え込みが厳しくなる。けさは今季最低気温を観測している所が多く、体調管理に注意したい。

北日本・北陸 天気崩れやすい 北海道は大雪に警戒

 北日本の上空には真冬並みの寒気が流れ込み、北海道は日本海側を中心に、あす16日(土)にかけて雪が降り続く見通し。大雪となる所もある見込みで、猛ふぶきによる交通障害にも警戒が必要だ。
 また東北や北陸は午前中、雨や雪が一旦止む所が多い見込み。ただ、東北は北部を中心に昼過ぎから、北陸は夜から再び広く天気が崩れる予想。

 一方で、東~西日本は高気圧に覆われるため、安定した晴天が続きそうだ。

朝 各地で今季一番の寒さに 帰宅時間も冷え込む

 けさは全国的に冷え込みが強まり、午前5時現在ほとんどの地点で10℃を下回っている。また、午前4時までに330地点で(全924地点中)、今季最低気温を観測した。

 全国的に日中もきのう14日(木)より気温が下がり、西日本は広い範囲で、最高気温が平年を下回る16℃前後の予想。
 通勤通学、そして帰宅の時間帯はかなり気温が低くなるため、上着に加えてマフラーや手袋などの小物もあるとよさそうだ。(気象予報士・保科 宗一朗)

最終更新:11/15(金) 6:06
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事