ここから本文です

【ハイライト動画あり】ベスト4の常連メキシコ、PK戦でオランダを破り決勝へ。FIFA U-17ワールドカップ

11/15(金) 13:30配信

J SPORTS

いよいよ残り4試合となったFIFA U-17ワールドカップはこの日、ブラジリアで準決勝2試合が開催された。

【ハイライト動画】メキシコ vs. オランダ

第1試合では、ここ5回大会で4度目の準決勝進出となったベスト4常連のメキシコと、初の決勝進出を目指すオランダが対戦。試合は、PK戦までもつれこむ接戦を制したメキシコが3大会振りの決勝進出を果たした。

試合は前半早い段階で、最終ラインからビルドアップしつつ、短いパスを主体にボールを保持しながらゴールを目指すオランダに対し、バランスを取りながらブロックを敷き、ボール奪取から手数をかけずにゴールを目指すメキシコという構図がピッチに描き出される。

メキシコは18分に右サイドバックのホセ・ルイスが負傷退場を強いられるアクシデントに見舞われると、その後はオランダが優勢に試合を進める。

そんな中、39分にはオランダのFWブラーフがゴール前で決定機を迎えるも、シュートは枠を外れ、結局、前半はメキシコがスコアレスで凌ぐ形でハーフタイムを迎える。

後半に入り、オランダは56分に相手CKからのカウンターで決定機を作るも、ゴール前でフリーになったMFレヘールのシュートは大きく枠を外れ、メキシコは九死に一生を得る。

しかし、これを機にオランダは一気に攻撃のスイッチを入れ、その後は波状攻撃でメキシコゴールに襲いかかる。

すると74分、遂にメキシコの牙城が崩れる。オランダはサイドバックのボハルデが敵陣深い位置でのドリブル突破からグラウンダーのクロスで折り返すと、ゴール前に詰めたレヘールが押し込んで先制ゴールを挙げる。

しかし、メキシコは79分、絶好の位置でFKを得ると、途中出場のエフライン・アルバレスが強烈なシュートでネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。

その後、ピッチ上では一進一退の攻防が繰り広げられるなか、90分では決着がつかず、勝負の行方は今大会初のPK戦に委ねられることに。

6人目までもつれこんだPK戦では、メキシコのGKガルシアが3本のビッグセーブでチームを決勝へと導いた。

最終更新:11/15(金) 13:30
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事