ここから本文です

バルサFWスアレス、自身の怪我に関する報道に不快感示す「彼らは医者なのか?」

11/15(金) 7:20配信

SPORT.es

FCバルセロナのストライカー、ルイス・スアレスは、現在抱えている右脚のふくらはぎの負傷における報道について不快感を示した。

メッシ対スアレスの実現は可能に!ウルグアイのビッグ3が復帰

ウルグアイ紙『Ovacion』のインタビューで、スアレスはフィジカル面の状況について語っている。

「幸運にも僕は非常に調子が良いよ。僕がハッキリすべきだと思うのは、医学について知っている人々が多くいるのか、彼らは医者なのかということだよ。クラブのメディカルスタッフ誰もが言ったことのないのに、世間は何かと僕を診断するからね」

そして、ルイス・スアレスはこのように続けた。
「メディアは過去の怪我と同じものだと報じていたが、今回とは関係ない。硬い地面を理由に一部の側面に過度の負荷がかかっていたが、それは過去のものとは何の関係もなかった。彼らはふくらはぎだったからという理由でそれを関連づけたが、間違っている」

今回の代表ウィークで、ハンガリー代表とアルゼンチン代表と親善試合を行うウルグアイ代表に招集されているスアレスは、今後の抱負についてこのように語った。
「僕の目標はカタールW杯に辿り着くことだ。僕は実現できると確信しているよ」

最終更新:11/15(金) 7:20
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事