ここから本文です

【動画解説】北海道 土曜日まで雪 暴風雪に警戒 西・東日本は晴れるが冷え込み注意

11/15(金) 14:56配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 北海道では、札幌市などの市街地でも雪が積もり始めています。
 16日(土)にかけても断続的に雪が降り、風も強まります。見通しが悪くなる所もあるため、警戒が必要です。

 16日(土)にかけて、北海道は日本海側を中心に断続的に雪が降るでしょう。
 西寄りの風が非常に強く吹き、暴風雪となる所もありそうです。
 見通しが悪くなる所もあるため、車の運転などは警戒が必要です。
 また、東北の日本海側や北陸、近畿北部でも、雨の降る所があるでしょう。
 17日(日)になると雪や雨はおさまり、晴れ間の戻る所が多い見込みです。

 そのほかの地域は広く晴れて、お出かけ日和となりそうです。
 ただ、注意したいのが朝の冷え込みです。特に16日(土)の朝は、広い範囲で一桁の気温となるでしょう。
 一方、日中は20℃前後まで上がる所が多い見込みです。
 特に西日本で、朝晩と日中の気温差が大きくなります。体調を崩さないようご注意ください。
(気象予報士・石上沙織)

最終更新:11/15(金) 20:08
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事