ここから本文です

【ハイライト動画あり】開催国ブラジル、2点差をひっくり返し決勝進出。FIFA U-17ワールドカップ

11/15(金) 13:37配信

J SPORTS

準決勝まで大会が進んだFIFA U-17ワールドカップは、ブラジリアで決勝進出を懸け、爆発的な攻撃力を武器にベスト4まで勝ち上がってきたフランスと、14年振りの決勝進出を目指す開催国ブラジルが対戦。

【ハイライト動画】フランス vs. ブラジル

試合は2点のビハインドを跳ね返したブラジルが大逆転で制し、3-2で決勝進出を決めた。

中盤のキーマンであるアグメを出場停止で欠くフランスだったが、開始8分に10番アウシーシュの縦パスを受けたFWカリムエンド・ムアンガのゴールで早々に先手を取る。

さらに14分にはFWムブクが個人技で左サイドを突破し、GKの股下を抜くシュートでネットを揺らして、2-0とリードを広げる。

早い時間帯に1点を奪って反撃の狼煙を上げたいブラジルは、その後、ボール支配率を高めながら多少前掛かりにゲームを展開するも、攻守のバランスを整えながら試合を進めるフランスを崩し切れない状況が続く。

ブラジルは流れの中で決定機を作れないまま前半ロスタイムに差し掛かろうかというところで、PKを得るも、これはVARで判定が覆り、試合はフランスの2点リードのまま後半へ。

後半もフランスの高い組織力を前に、決定機を作れない時間の続いたブラジルは62分、FWカイオジョルジがCKのこぼれ球を押し込み、ようやく1点を返す。

これに対し、フランスは前線の枚数を減らし、中盤を厚くして逃げ切りを図るも、逆にこの動きがブラジルに勢いをもたらし、その後しばらくフランスは防戦一方になる。

すると76分、満員のスタンドから大声援を受けるブラジルはシュートのこぼれ球に対し、エリア内に詰めたFWベロンがダイレクトボレーでネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。

更にブラジルは89分、ゴールキックを敵陣深い位置で受けた途中出場のラザーロが右足を振り抜いてゴールをこじ開け、逆転に成功する。

結局、このまま試合終了の笛が鳴らされ、若きセレソンによる歓喜の雄叫びが首都の夜空にこだました。

最終更新:11/15(金) 13:37
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事