ここから本文です

ゴルフの服装、なにが正解!? ルールは? マナーは? ユニクロでもいい? 気になるところまとめ

11/15(金) 16:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

クラブを手に入れ、練習を積み、先輩ゴルファーに誘われていよいよ初ラウンドへ! ところで……なにを着ていけばいいんだっけ? 意外と悩むゴルフの服装にまつわるアレコレをまとめた。

ゴルフになにを着ていく?

初めてのゴルフ、なにを着ていけばいいんだろう? そう悩むゴルファーは多い。まず覚えておきたいのは、ルールブックに服装に関する項目は存在しないということだ。ではなにを着てもいいのかといえばそうではなく、ゴルフ場ごとに定められたドレスコードに従う必要がある。

これはレストランをイメージするとわかりやすい。近所のラーメン店に行くのと、ウン万円のコースしかない高級ホテルの最上階の高級フランス料理店に行くのでは服装は異なるというのはいわば常識。高級フランス料理店にタンクトップにホットパンツ、足元はサンダルという服装で行った場合、ドレスコードのある店なら入店を拒否される可能性があるし、もし入店できたとしても、周囲の客から冷ややかな目で見られるのは間違いがない。

ただ、ゴルフ場=高級フランス料理店というわけではない。なかには、ドレスコードのしばりがゆるいゴルフ場もあるからだ。要するに、行くゴルフ場がどのようなドレスコードを設けているかが重要で、それを調べ、コースごとに異なる基準を守っておけば恐れることはなにもない。ゴルフ場名+ドレスコードで検索すれば、大体のところはわかるはず。わからなければ、コースに電話して聞けば確実だ。たとえばある程度キャリアのあるゴルファーの場合でも、夏場に初めてのコースに行く場合「短パンにショートソックスはOKですか?」などと問い合わせるケースはままある。

ゴルフ場に行く服装と、ゴルフをプレーする服装

また、「ゴルフ場に行く服装」という言葉にはふたつの意味合いがある。ひとつ目は、ゴルフ場に行く服装、ふたつ目はゴルフをプレーする服装だ。ゴルフ場はその両方にドレスコードを設けている場合があるので、それぞれ確認しておく必要がある(繰り返しになるが、プレーする服装でコースに行ってプレーをし、そのままの服装で帰るようなカジュアルなコースもあり、すべてのゴルフ場の敷居が高いわけではまったくない)。

以下は、どこに行っても大丈夫な一般的なドレスコードを紹介する。まず、来場時。男性であれば夏場を除いてジャケット着用。中にはえりつきのシャツ、あるいはタートルネックのセーター。シャツは長ズボンの中に入れ、足元は革靴で来場。

女性もそれに準じ、ジャケットを着用しておくと安心。ミニスカートやホットパンツ等は避け、パンツあるいは短すぎないワンピースなどを選び、足元はサンダルなどのカジュアルすぎるものやピンヒールなどを避け、一般的なパンプスをチョイスしておくのが吉だろう。

男女ともに、“行き”はプレー時に着用するポロシャツなどをジャケットの中に着込み、プレー終了後はシャツに着替えるといったパターンが一般的だ。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 16:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事