ここから本文です

ずっと男性だと思ってた…?少年マンガの人気作を描く、女性漫画家5選

11/15(金) 19:10配信

マグミクス

人気バトルマンガやダークファンタジー作品を手掛ける

 2019年11月初旬、「週刊少年ジャンプ」を発行する集英社の関係者に「女性はジャンプ漫画の編集にはなれませんか?」と質問した人の投稿がTwitterで話題になり、少年マンガの編集に必要とされる資質や編集者採用における男女差など、さまざまな議論が起こりました。

【画像】実はたくさんある! 女性作家が描く、少年マンガの名作たち(7枚)

 一方で、少年マンガの人気作を描いている漫画家のなかにも、女性の漫画家は数多くいます。少年マンガ誌で読者の心をつかんだ女性漫画家という意味では、『らんま1/2 』『犬夜叉』『境界のRINNE』の高橋留美子先生や、『青の祓魔師』の加藤和恵先生などが挙げられますが、少年マンガの人気作を描いていて、一見男性のようなペンネームだが、実は女性だった…という漫画家も少なからず存在します。今回はそのような女性作家を5人紹介します。

●「命の重さ・価値」きちんと描く、荒川弘先生

 言わずと知れた人気作『鋼の錬金術師』(ハガレン)の作者。「失った体を取り戻す」というダークな話と熱い展開にハマった人も多いのではないでしょうか。魅力的な登場人物やバトルシーンはもちろん、命や失ったものの重さについてきちんと描いているところが最大の特徴といえるでしょう。

 現在は「週刊少年サンデー」で、北海道の畜産学校を舞台とした青春漫画『銀の匙』を描いています。同作の根底にも「命の重さ・価値」がテーマにあり、ジャンルは違えど根幹の部分は変わっていません。

●敵・味方両方に魅力的キャラクター描く、星野桂先生

『ハガレン』と同じく、ダークファンタジーなアクションマンガ『D.Gray-man』の作者です。同作は「週刊少年ジャンプ」で連載開始して人気を博し、2015年にシリーズ累計発行部数2250万部を突破。エクソシストと悪魔の戦いを描いた作品で、敵味方の両方に魅力的なキャラクターが多く、きれいなイラストが特徴となっています。現在は「ジャンプSQ.RISE」で連載中で、伏線回収も始まっていて目が離せません。

1/2ページ

最終更新:12/10(火) 11:53
マグミクス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事