ここから本文です

年末年始の北陸新幹線、本数は前年の9割 JR東日本「東京~高崎間は上越新幹線利用を」

11/15(金) 16:29配信

乗りものニュース

 JR東日本とJR西日本は2019年11月15日(金)、台風19号の影響により暫定ダイヤで運行している北陸新幹線の年末年始の運転本数が、前年の9割になると発表しました。

【表】年末年始・北陸新幹線の本数前年比較

 北陸新幹線は11月30日(土)以降、「かがやき」「はくたか」「つるぎ」は被災前の通常ダイヤの定期列車と同じ本数に戻りますが、「あさま」は一部列車の運休が続きます。

 12月27日(金)から2020年1月5日(日)までの年末年始に、北陸新幹線(東京・上野発着)で運転される本数は、定期列車と臨時列車を合わせて986本です。前年(1093本)の9割にとどまります。

 帰省ラッシュが予想される12月28日(土)から30日(火)にかけての北陸新幹線の下り本数は、「はくたか」が前年比100%(42本)を確保したものの、速達タイプ「かがやき」は83%(45本)、東京~長野間の「あさま」は82%(69本)です。

上りも「かがやき」は前年比89%

 Uターンラッシュが予想される2020年1月3日(金)から5日(日)にかけての上り本数は、「はくたか」が前年比100%(42本)ですが、「かがやき」は89%(48本)、「あさま」は92%(69本)です。

 北陸新幹線は前年度より本数が少なく年末年始は混雑が予想されることから、JR東日本は混雑のピークを避けた利用の検討や、東京~高崎間のみに乗る際は上越新幹線への乗車を呼び掛けています。なお、全車指定席の「かがやき」が満席のときは、前日と当日に、自由席と同額の立席特急券が枚数限定で販売されます。

 JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」では、12月17日(火)から25日(水)までと2020年1月6日(月)から15日(水)までを対象に、運賃と料金が30%割引になる商品「お先にトクだ値(乗車券つき)」を設定し、混雑時期を避けた利用を促します。

 割引対象は「かがやき」「はくたか」の全列車。設備は普通車指定席で、東京(都区内)~金沢間だと1万60円、東京(都区内)~富山間だと9070円です。

乗りものニュース編集部

最終更新:11/15(金) 17:44
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事