ここから本文です

優勝争い、大学選手権争いの重要な週末。ラグビー関東リーグ戦&関西大学リーグのみどころ

11/15(金) 22:57配信

J SPORTS

11月16日(土)17日(日)の週末は、ラグビー関東大学対抗戦はお休みで、関東大学リーグ戦の4試合、関西大学リーグの2試合、計6試合が行われる。

◆関東大学リーグ戦 今週の試合日程

・11月16日(土)午前11:30 法政大学 vs. 大東文化大学 秩父宮
・11月16日(土)午後02:00 流通経済大学 vs. 東海大学 秩父宮
・11月16日(土)午後02:00 専修大学 vs. 拓殖大学 ニッパツ三ッ沢
・11月17日(日)午後02:00 日本大学 vs. 中央大学 セナリオH三郷

◆優勝争いの直接対決。流通経済大学vs.東海大学

いよいよ大詰めを迎えている関東大学リーグ戦は16日(土)、開幕5連勝で首位に立つ東海大学と、1敗で2位の流通経済大学が激突する。

東海大は勝てば6連勝となり事実上、優勝を決めるが、一方の流通経済大も勝てば優勝の可能性が残る。

東海大はキャプテンSO(スタンドオフ)眞野泰地(4年)の替わりに林信太朗(3年)が先発する。ゲームキャプテンは副将のPR(プロップ)中野幹(4年)が務める。

中野を中心にスクラム 、モールでプレッシャーを与えたい。またWTB(ウィング)杉山祐太のロングキックで、しっかりと陣地も取っていきたいところだ。

控えにはフィジー出身でランが魅力のルーキー、FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)レキマ ・ナサミラ(1年)、攻撃的なSO丸山凜太朗(2年)もおり、ベンチメンバーもエネルギーを与えるはずだ。

一方の流通経済大はキャプテンNO8積賢佑(4年)を中心に、PR津嘉山廉人、 LO(ロック) タマ ・カペネ(2年)、LOアピサロメ ・ボギド(1年)、FL粥塚諒(4年)など能力が高い選手が揃う。セットプレーを互角に持ち込み、接点では上回りたいところ。

前の試合で今シーズン2度目のハットトリックを達成したWTB(ウィング)横瀬慎太郎(4年)のスピードにも期待したい。

◆法政大学と大東文化大学、大学選手権の可能性が残るのはどちら?

秩父宮ラグビー場のもう1試合は、2勝3敗同士の大東文化大学と法政大学が行われる。ともに大学選手権出場はかなり厳しくなったが、可能性を残しておくために勝利しておきたい。

先週の試合、東海大に敗れたもののFW(フォワード)が健闘した法政大は、この試合でもPR宮川優也、 LO ウォーカーアレックス拓也(どもに4年)が相手と互角に戦い、復帰したキャプテンWTB井上拓(4年)らBK(バックス)陣でトライを重ねたい。

1/3ページ

最終更新:11/15(金) 22:57
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事