ここから本文です

セカオワ、紅白出場歌手に名前なし…ファンはショック「悲しいーーー」

11/15(金) 22:01配信

MusicVoice

 大みそか恒例の『第70回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が14日に発表された。常連組をはじめ、菅田将暉、日向坂46などが初出場を果たした一方、昨年まで5年連続出場していたSEKAI NO OWARIの名前はなかった。そのため、ネット上ではファンの感情が入り乱れる反響を呼んでいる。

 昨年末の紅白で、セカオワは同年2月にリリースした楽曲「サザンカ」を歌唱。この楽曲は同年に開催された2018年平昌オリンピック・パラリンピックのNHKテーマソングだった。

 昨年までセカオワは紅白に5年連続で出場してきた。楽曲「Dragon Night」を歌唱した初出場の2014年を皮切りに、「プレゼント」(2015年)、「Hey Ho from RPG」(2016年)、「RAIN」(2017年)と歌唱し、昨年は「サザンカ」を歌っている。

 そのため、ネット上では紅白出場歌手に名前がなかったことに対し、大きな反響が見られている。

 ツイッター上には「セカオワが紅白出ないことに衝撃を隠せない」「セカオワが紅白出ないなんて...悲しいーーー」「紅白セカオワ出ないとか1%も考えてなかったわ」などと、驚きとともにショックを抱えるファンが続出した。

 セカオワは今年、シングルのリリースこそなかったものの、フルアルバム『Eye』『Lip』を同日発売したほか、4月からは全国アリーナツアー『The Colors』を開催し、大盛況を収めている。

 それらを踏まえた上で、「選考基準どうなってんの、、、?」「選考基準理解できない」と憤りを抱えるファンの他、「アルバムの新曲が多すぎて選べなかったか」「今年シングルとか出てないし、国内よりも海外とかで沢山活動してるから」などと理由を推し量る声も多い。

 また、ファンからは「セカオワさんにも休みは必要だし…」「この1年間ずっとセカオワはライブツアー頑張ってたから紅白に出ないで逆に休んで欲しい」などの声も。不承不承ながらも今回の発表を受け止める声も見られる。

 14日の出場歌手発表では、セカオワの他、あいみょんやSexy Zone、ゴールデンボンバーなどの名前もなく、大きな話題を呼んでいる。

最終更新:11/15(金) 22:01
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事