ここから本文です

「代表も1部も諦めていない」。岡崎慎司が日本代表とウエスカへの思いを激白

11/15(金) 11:42配信

GOAL

ウエスカの岡崎慎司が、クラブ公式Youtubeチャンネルに登場。クラブや日本代表への思いを明かした。

今夏に4シーズンを過ごしたレスター・シティを退団し、スペイン2部セグンダ・ディビシオンのウエスカに新天地を移した岡崎。加入以降、信頼を掴むと10試合連続での先発を含むリーグ戦12試合に出場して3ゴールをマークする。チームも15節を終えて首位カディスとの勝ち点差は「9」と開くものの、自動昇格圏内の2位に位置する。

ここまで好調を続けるウエスカは13日、クラブの『YouTube』チャンネルで岡崎のインタビューを公開。同選手は「最初からみんなが話しかけてくれてすごくフレンドリーなチームだなと思いました。チームに入りやすい雰囲気を作ってくれていたのですごく良かったです」と語り、クラブやサポーターの印象を明かした。

「過去に自分がサッカー選手としてここまでクラブやファンに歓迎されて入団しことはなかったのですごくうれしかったです。ファンのために、チームのために、1部昇格に向けて活躍したいです。本当にいいチームに来たなという印象はありました。このチームとともに1部昇格や2部優勝の夢も諦めたくはないですし、そういう思いで頑張りたいです」

岡崎は、6月のコパ・アメリカを最後に遠ざかっている日本代表への思いについても言及。「そのためにヨーロッパで続けています。僕自身、まだ日本代表を諦めてないですし、1部でプレーすることも諦めてないですし、いろんな夢をまだまだ諦めてないです」と再びサムライブルーのユニフォームに袖を通す日を心待ちにしていると強調した。

さらに、自身の考えるストライカー像について「90分間相手に怖がられる存在になりたいし、一番前で味方を引っ張れる選手になりたい」と話した岡崎。続けて「ゴール数は一番大事です。それ以外にも、前線でボールを追いかけたりとか、奪ったり、ドリブルで仕掛けたり、危険な選手として相手チームに認められるそんな選手になりたいです」とさらなる成長を誓っている。

最終更新:11/15(金) 11:42
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事