ここから本文です

柏の優勝条件は?横浜FCと大宮の自動昇格争いも熾烈…参入POも団子状態のまま残り2節へ

11/15(金) 11:51配信

GOAL

 明治安田生命J2リーグは16日に第41節の11試合が開催。残すところ2試合となり、自動昇格とJ1参入プレーオフ出場権をめぐる争いは、いよいよクライマックスに突入しつつある。2枠の自動昇格を勝ち取るのは果たしてどのクラブなのか?40節で確定する条件を整理していく。

J2順位表(第40節終了時点)

1.柏レイソル(78・37)
2.横浜FC(73・23)
――J1自動昇格――
3.大宮アルディージャ(73・22)
4.モンテディオ山形(67・19)
4.水戸ホーリーホック(67・19)
6.徳島ヴォルティス(67・18)
――J1参入PO出場――
7.ヴァンフォーレ甲府(65・20)
8.京都サンガF.C.(65・14)
9.ファジアーノ岡山(65・4)

※カッコ内は勝ち点・得失点差

柏は優勝へ王手

 首位の柏が40節で優勝を決める可能性が出てきた。アウェイで町田と対戦する今節、柏は勝利すれば、他の会場の結果に関係なく優勝が決定。1年でのJ1復帰が決まる。引き分け以下に終わった場合でも、2位横浜FCと3位大宮が揃って引き分け以下に終わると、その時点で優勝が確定する。

 一方で追う立場にある横浜FCと大宮は逆転優勝へわずかな可能性を残しているが、柏との差は5ポイントあり、得失点差も大きく開いていることを鑑みると、優勝よりも2位滑り込みが目標となりそうだ。3連勝中の横浜FCはアウェイで岡山と、前節痛恨のドローを喫した大宮はホームに新潟を迎え撃つ。両者の得失点差は「1」。ともに残り2試合で連勝した場合は、得失点のわずかな差が天と地を分けることになるになるかもしれない。

 その下に位置する4位山形と水戸、6位徳島にも自動昇格滑り込みの可能性は残しているが、横浜FCと大宮が残り2試合で連敗しなければならないため、完全な他力本願。現実的な目標としては、J1参入プレーオフ圏を死守し、いかに上位でフィニッシュできるかがポイントとなる。今節山形は山口と、水戸は鹿児島と、徳島は東京Vとそれぞれアウェイで対戦する。

 そして、7位から9位の3クラブも逆転でのプレーオフ圏浮上を虎視眈々と狙っている。7位甲府は直近3試合で2勝1分と着実に勝ち点を積み上げ、6位まで2ポイント差に迫っている。得失点は「20」と多く、のちにアドバンテージとなる可能性も秘めている。

 8位京都は連敗を喫して危機的状況に陥っていたものの、前節3試合ぶりの白星を奪取。なんとか参入プレーオフ戦線に生き残っている。40節は江尻篤彦監督の今季限りの退任を発表している千葉と激突。最終節に柏戦を残していることも考慮すると、是が非でも3ポイントが欲しいところだ。

 9位岡山も直近4試合無敗で踏みとどまっている。今節の横浜FC戦はまさに大一番。勝てばプレーオフ圏浮上も見えてくるが、引き分け以下に終わると6位浮上が消滅する可能性もある。得失点も「4」と他クラブより圧倒的に少ない点を踏まえても、6位以内滑り込みへは2連勝が絶対条件となる。

■J2第41節 試合日程
11月16日(土)
13:00 山口 vs 山形(みらスタ)
13:00 福岡 vs 金沢(レベスタ)
14:00 大宮 vs 新潟(NACK)
14:00 町田 vs 柏(町田)
14:00 岐阜 vs 甲府(長良川)
14:00 京都 vs 千葉(たけびし)
14:00 岡山 vs 横浜FC(Cスタ)
14:00 愛媛 vs 琉球(ニンスタ)
14:00 長崎 vs 栃木(トラスタ)
15:00 東京V vs 徳島(味スタ)
15:00 鹿児島 vs 水戸(白波スタ)

最終更新:11/15(金) 11:51
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事