ここから本文です

「生理」とうまくつき合ってますか?【2】

11/15(金) 20:40配信

magacol

女として生まれた以上、切っても切れないのが月に1度の「生理」との関係。どうせならきちんと向き合いたい!ということで、最近の気になるトピックスや、上手に付き合っていく方法について、あらゆる視点で考えてみました。

辛いPMS(月経前症候群)について知りたい

PMSとは、月経の2週間ほど前から月経までの間に起きる心や体の不調のこと。 医師に改めて原因や対策など、気になること全般をうかがいました。

症状の出方には個人差があるので生活習慣から見直しを

PMSは胸のハリや腹痛、イライラなど、症状には個人差があります。国内調査では95%の女性が症状を経験していて珍しくありません。
原因ははっきりとはわかっていないのですが、黄体ホルモンが関係していると言われています。卵胞が排卵に向けて育っていく中で女性ホルモン(エストロゲン)の値が上がっていき、頭から刺激が来て排卵が起きます。
排卵後は、卵が黄体になり黄体ホルモンが出て、黄体は妊娠しなければ自然消滅。その時に黄体ホルモンとエストロゲンも一緒に下がり、生理がきます。
更年期もそうですが、女性ホルモンが下がった時にいろんな症状が出やすくなります。ストレスや食べ物などの生活習慣もありますが、特に血糖値の変動やカフェインの刺激物が良くないとされています。症状の出方も人により違うので、辛い場合は婦人科に相談を。
(産婦人科医・小川真理子先生)

イラスト・雨月衣

辛くてもそうでなくても、もっと気軽にクリニックに行くべき!

スタッフ全員が女性で相談しやすい雰囲気が魅力
浜松町ハマサイトクリニック

浜松町、大門、竹芝駅の3 駅が利用可能。婦人科は医師や看護師、技師すべて女性。婦人科診療は生理痛・不正出血・子宮筋腫・子宮内膜症などの検査からピル処方、エクオール検査や女性ホルモン検査など種類も豊富。

宋美玄先生が院長を務める好アクセスな医院
丸の内の森レディースクリニック 

新丸ビル内で東京駅徒歩1分という通いやすい立地。受付には森をイメージした看板が飾られたキレイな院内。妊婦健診、女性ドック、ピル相談なども充実。院長はじめ優しい女医による診療対応。

麻布十番商店街内の女医による女性専門クリニック
まなみウィメンズクリニック

今井 愛医師、スタッフも全員女性で月経のお悩み対策から女性健診、美容点滴まで女性が気になる健康面と美容面までをトータルにサポート。サロンのような清潔感のある待合室と診察室で居心地の良いクリニックです。

最終更新:11/15(金) 20:40
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事