ここから本文です

ナインゴランが元同僚のファッションをダメ出し「デ・ロッシは好きだが南米の選手らは…」

11/15(金) 19:06配信

GOAL

カリアリに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、『DAZN(ダゾーン)』のインタビューに応じ、ローマ時代のチームメートについて持論を展開した。

ナインゴランは今夏、アントニオ・コンテが新監督に就任したインテルにおいて構想外となり、古巣であるカリアリ復帰を決断。ここまでセリエA9試合に出場し、2ゴール3アシストを記録する活躍で、現在チャンピオンズリーグ出場圏内の4位につけ、絶好調のチームをけん引している。

そんなナインゴランは、『DAZN』のインタビューにおいて、ファッションへの情熱を明かしつつ、特にローマ時代を振り返り、当時のチームメートのファッションチェックをおこなった。ファッションセンスが良かった選手について問われると、昨シーズン限りでローマを退団したMFダニエレ・デ・ロッシを選出。「ファッションセンスが悪かった人を聞かれる方が簡単だったんだが…。デ・ロッシは好きだった。全部オーダーメイドだったしね。彼のセンスは好きだったよ」と述べた。

一方、ナインゴランの基準上、不合格だった選手を問われると、「悪かった選手?たくさんいたなあ。アルゼンチン人選手やブラジル人選手とかね。だけど1人だけ挙げなければならないとすれば、(アレッサンドロ)フロレンツィだろう」との見解を示した。続けて、「もしかしたらこの2年間で改善したかもしれない。服の趣味が悪かったわけではないが、彼独特のファッションで、俺の好みではなかったんだ」と述べた。

最終更新:11/15(金) 19:06
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事