ここから本文です

“国費27億円”に批判も…皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の課題は

11/15(金) 15:41配信

AbemaTIMES

 皇居・東御苑に建設された大嘗宮で行われていた、皇位継承に伴う一代に一度の重要祭祀「大嘗祭」は15日午前3時過ぎに終了した。

【映像】大嘗祭 ”秘儀”である意味とは政治と宗教のバランスを考える

 大嘗祭は奈良時代の天武天皇の頃から行われてきた即位儀礼で、天皇陛下は悠紀殿で「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」、次いで主基殿(すきでん)で「主基殿供饌の儀」を行われ、国や国民の安寧や五穀豊穣を神々に感謝し、自然災害が起きないように祈られた。悠紀殿の中で何が行われるかは「采女(うねめ)」と呼ばれる女官以外は誰も知ることはできないなど、「秘儀」という側面もある。

 この点に対し、ネット上には「税金を使う以上、公開が原則であるべき。公開できない天皇家の私的祭事なら、天皇家の私財を使うべき」「秘儀の中の天皇が国民の象徴?おかしな話だ」「宗教行事で非公開なのに、税金が使われる不思議」といった批判の声も投稿されている。

 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏は「天照大神をお招きし、これからも国の発展や五穀豊穣や安寧というものをお願いする。この大嘗祭をやってこそ初めて天皇になるという考え方だ。今でも田植え祭りなどがあるように、大嘗祭や新嘗祭(にいなめさい)といったものも仏教伝来の前からあった土着的な収穫の儀礼だ。ただ、今は神道も宗教の扱いになっているし、こうした宮中祭祀も宗教という位置づけになっている。私は平成2年の大嘗祭の時には総理よりも前で拝見したが、暗くてほとんど何も見えない中、篝火の“パチパチ”という音が聞こえ、非常に厳粛な雰囲気だったことを覚えている。今回、映像があまりにもシャープで驚いたが、これで大嘗祭の雰囲気というものが一般の方にも伝わるのではないかと思う」と話す。

 また、政教分離の観点から、大嘗祭の費用を国費で賄うことの妥当性についても議論が続いており、昨年11月には秋篠宮さまが「宗教色が強く、皇室の行事として行われる以上、天皇家の私的財産である内廷会計を使うべき」「身の丈に合った儀式にすることが本来の姿ではないか」との考えを示されたこともあった。さらに秋篠宮さまは「(この考えを)宮内庁長官に伝えたものの、話を聞く耳を持たなかった。非常に残念なことだ」とのお気持ちも明かされている。

 今回の大嘗祭では、約22億円が計上された平成の時よりも招待者を約200人減らし、施設も約8500平方メートルの敷地と約40棟の建物から、約6500平方メートル・30棟の建物としたほか、主要な建物の屋根を萱葺きから板葺きへと変更、一部の建物はプレハブ化されるなどの簡素化も試みられたが、それでも予算は前回を超える約27億円に達している。

 「全体的にコンパクトにするといった経費削減はやっているが、基本的には前例を踏襲するという方針を政府は早々に打ち出していた。最も大きいのは人件費の高騰だろうし、消費税もある。結果的には前回よりはおそらく下回るのではないか。そもそも皇室は質素倹約を旨とし、あまり華美にならないようにというのが基本姿勢だ。7回の儀礼を4回、3回にするなど、削減できるものは削減するということで今回も実施されている」(山下氏)。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 15:41
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事