ここから本文です

ユヴェントスDFがグアルディオラとサッリを比較「2人は似ているがサッリの方が…」

11/15(金) 20:21配信

GOAL

ユヴェントスに所属するブラジル代表DFダニーロが、代表合宿先でインタビューに応じ、マウリツィオ・サッリとジョゼップ・グアルディオラを比較した。『Goal』の取材により明らかになった。

今夏、2年間所属したマンチェスター・シティからユヴェントスに加入したダニーロは、今シーズンからユヴェントスの指揮を執るサッリと、マンチェスター・C時代の恩師グアルディオラについて言及。指揮官2人について、自身が抱いた印象を明かした。

「サッリとグアルディオラは様々な観点から見て非常に似ている。特に戦術や動きに関するマニアックなほどの入念さはそうでね。あらゆる状況を予測するために、相手や動きを深く研究している。シティでは、すべてが極端なほど機械的で、1歩ごと、1センチごとに取り組んでいた。一方、サッリはもっと融通性があり、より自由に個々の選手の裁量に任せてくれるところがある。ただタイプとしては同じで、チームに浸透させるまでに時間がかかる。グアルディオラは、2年かかったからね」

またブラジル人DFは、プレミアリーグとセリエAの違いについて指摘。「プレミアでは比較もできないほど、プレーが激しい。イタリアでは、より戦術的でポジショニングが重要なので、考えることをより必要とされるよ」と述べた。

続いてダニーロは、トリノでの生活について言及。イタリア料理が気に入っており、体調管理に気を付けていることを明かした。

「トリノはマンチェスターとかなり違う。ファンはより情熱的で、道を歩いていると声を掛けられる。愛情が伝わってくるし、モチベーションにつながるので、僕は好きだよ。街のことは少しずつ知り始めているが、居心地は良い。料理は最高だよ。マンチェスターでは、食事のオプションが少なかったが、イタリアの食文化は素晴らしい。太らないように気を付けないと」

最終更新:11/15(金) 20:21
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事