ここから本文です

LINEに買い殺到でストップ高、楽天とZOZOは急落! 日経平均株価は続落

2019/11/15(金) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は1カ月半弱ぶりに続落、TOPIXも1,700割れ

2019年11月14日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 23,141円(▲178円、▲0.8%) 続落
 ・TOPIX 1,684.4(▲15.9、▲0.9%) 続落
 ・東証マザーズ株価指数 851.5(▲5.3、▲0.6%) 3日続落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:371、値下がり銘柄数:1,726、変わらず:57
 ・値上がり業種数:2、値下がり業種数:31
 ・年初来高値更新銘柄数:85、年初来安値更新銘柄数:11
東証1部の出来高は14億40万株、売買代金は2兆2,436億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。米国株は最高値更新となったものの、米中貿易摩擦の早期妥結に懐疑的な見方が広まり、前日に続きリスクオンモードが低下しました。ただ、好業績銘柄を中心に下値を拾う動きも多く見られ、売買代金は2兆2,000億円超を維持しています。

そのような中、日経平均株価は後場に下げ幅を拡大して軟調な動きとなりました。寄り付きから前日終値を挟む攻防となり、前場の半ばには一時+40円高となりましたが、後場に入ってから一気にマイナス圏へ沈みました。半ばには一時▲257円安まで下落し、23,000円割れが迫る場面もありましたが、その後はやや押し返しています。

それでも、プラス圏へ浮上することはなく、続落で終わりました。ちなみに、日経平均株価が続落となるのは、10月2~3日以来です。

なお、TOPIXも同じような値動きで続落となり、5日ぶりに終値で1,700ポイントを割り込んでいます。

東証マザーズ株価指数は3日続落、売買代金は67日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は5,016万株、売買代金701億円となり、いずれも前日より増加しました。ただ、前日比では増えたものの、個人投資家の物色意欲が減退しており、売買代金は67日連続の1,000億円割れとなっています。売買代金1,000億円は決して高いハードルではないのですが、個人投資家の投資マインド低下を如実に表していると言えましょう。

また、株価指数も3日続落となり、900ポイント回復が遠のいた状況が続いています。

1/2ページ

最終更新:2019/11/15(金) 8:40
LIMO

チャート

Zホールディングス4689
452円、前日比+1円 - 1/20(月) 15:00

チャート

ソフトバンクグループ9984
4866円、前日比-15円 - 1/20(月) 15:00

チャート

ZOZO3092
1938円、前日比-9円 - 1/20(月) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事