ここから本文です

今夜の『時効警察はじめました』趣里、ラジオ生放送中に死んだ父の謎を追う…

11/15(金) 10:30配信

クランクイン!

 俳優のオダギリジョーが主演を務めるドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)第5話が本日11月15日放送される。第5話では、女優の趣里が新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)の“親友”で、超人気お笑い芸人だった父親を時効事件で亡くした娘・夏歩を演じ、父の死の謎を追う。

【写真】趣里、邪悪度MAXの面構えに…『時効警察はじめました』第5話より


 刑事課の彩雲(吉岡)はある日、SNSで知り合った“親友”・夏歩(趣里)から“ある時効事件”の捜査を依頼される。実は夏歩の父親は、伝説のコント師と呼ばれた超人気お笑いコンビのメンバーで、1994年にラジオの生放送中に死亡した村瀬ベルギーワッフル(水川かたまり)だった。極度のアレルギー体質だった村瀬の死因はアナフィラキシーショックで、実際に胃の中からソバの成分も検出されていた。

 村瀬は当時、相方・栗原くりごはん(鈴木もぐら)との関係が最悪の状態だったため、栗原による意図的な殺人も疑われたが、生放送中の犯行は不可能であり、“衆人環視の中で起きた密室殺人事件”は犯人不明のまま時効を迎えていた。しかし夏歩は栗原が犯人だと確信しており、栗原の話になると、普段のかわいい女子っぷりから想像もつかない邪悪度MAXな顔を見せるほど、憎悪の念を日々ふくらませていたのだ。

 そんな“親友”のために一肌脱ぎたくてたまらない彩雲は、霧山(オダギリ)に相談。興味を持った霧山は、助手の三日月しずか(麻生久美子)や、意外にもお笑いに詳しい同僚・サネイエ(江口のりこ)も巻き込み、“趣味の捜査”を開始することに。ひとまず事件当日のラジオ音源を聴いてみると、お世辞にも面白いとは言えない栗原の持ちギャグを、突如繰り出そうとする村瀬の様子が残されていた。

 ところが夏歩は、村瀬が栗原のつまらないギャグを言うはずがないと主張。一方、村瀬の死因がどうにも引っかかる霧山は、密室の中にいた唯一の人間である栗原に話を聞こうとするが…。

 金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第5話は、テレビ朝日系にて本日11月15日23時15分放送。

最終更新:11/15(金) 10:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事