ここから本文です

『スター・ウォーズ』デイジー・リドリーらキャスト来日決定&メッセージ到着

11/15(金) 4:00配信

クランクイン!

 12月20日に日米同時公開される映画『スター・ウォーズ』シリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のメインキャストやスタッフが12月に来日することが決定し、レイ役のデイジー・リドリーと、フィン役のジョン・ボイエガから、日本のファンに向けてのメッセージ映像が公開された。

【写真】レイを演じる「デイジー・リドリー」フォトギャラリー


 本作は、1977年に第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから42年の長きに渡り紡がれてきた『スター・ウォーズ』サーガの完結編。スカイウォーカー家の物語についに幕が下ろされる。

 今回来日するのはJ・J・エイブラムス監督を筆頭に、レイ役のデイジー、フィン役のジョン、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、そしてシリーズ全作品に登場するレジェンド的存在、C‐3PO役のアンソニー・ダニエルズ、プロデューサーでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディという豪華一行だ。

 『フォースの覚醒』のプロモーション以来約4年ぶりの来日となるデイジーは「日本のみなさん、こんにちは。日本に行くのが待ちきれないわ!」と語り、約1年半ぶりに来日するジョン・ボイエガは、まず日本語で挨拶した後、「12月に日本の皆さんに会えるのを楽しみにしているよ!」とコメント。2人とも、メッセージ映像の最後は「フォースとともにあらんことを」で締めくくっている。

 彼らは12月11日に行われるスペシャル・ファンイベントへの登壇など、直接日本のファンと交流する機会を予定。最後の『スター・ウォーズ』での豪華キャスト陣の来日に、日本中のファンが歓喜と熱狂の渦に包まれることだろう。

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日より日米同時公開。

最終更新:11/15(金) 4:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事