ここから本文です

黒澤明vs勝新太郎、衝撃の事件に迫るドキュメンタリー

11/15(金) 12:15配信

Lmaga.jp

世間を賑わせた事件をさまざまな視点で追うドキュメンタリー『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』(NHK)。11月19日放送回では、巨匠・黒澤明監督と怪優・勝新太郎が激突した1979年の出来事を振りかえる。

【写真】撮影に挑む黒澤監督と勝新太郎、2人の姿

1979年の夏、世界中の映画ファンを震撼させた前代未聞の主役交代劇。黒澤明監督の新作映画『影武者』のロケ中に主役の勝新太郎が、突然降板したのだ。

黒澤監督はすでに『ベネチア映画祭』でグランプリも獲得した世界的巨匠。一方の勝は『座頭市』をヒットさせ、脚本・監督もこなす大スターだ。

記者会見で、「監督が2人いたら映画はできない」と言い切った黒澤監督。その裏には「勝が起こした決定的な事件があった」と、現在黒澤プロダクション・マネージャーの野上照代氏は証言する。

当時、『影武者』のアシスタントプロデユーサーを務め、この降板劇の一部始終を唯一見ていた人物だ。

また、勝の弟子だった俳優・谷崎弘一も出演。勝が黒澤に挑む熱い思いを側で見ていたが、「ある頃から歯車は狂い始めていた」と話す。

40年前のあの日、2人の天才の間で何があったのか? 当時NHKは、影武者の製作過程を追ったドキュメンタリー番組を作っていたが、世に出ることのなかった多くのフィルムが残っていた。未公開映像や当時を知る関係者の証言をもとに、その真相に迫る。番組は19日・夜9時からBSプレミアムにて放送。

最終更新:11/15(金) 12:28
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事