ここから本文です

サンロッカーズ渋谷は地区2位の座を守れるか、京都ハンナリーズは3Pに活路を見出したい

11/15(金) 16:13配信

バスケットボールキング

■サンロッカーズ渋谷vs京都ハンナリーズ(@青山学院記念館)
第1戦:11月16日17時5分、第2戦:11月17日14時5分

 好調のサンロッカーズ渋谷が今季3敗目を喫し、東地区2位に降下した。前節は新潟アルビレックスBBと対戦し、1戦目は3点リードで迎えた第3クォーターに相手のターンオーバーから畳みかけて突き放し、故障離脱した石井講祐の不在を感じさせない盤石の勝利。しかし2戦目は立ちあがりから後手に回り、第4クォーターにファイサンバのジャンプシュートなどで挽回して終了間際に追いつきながらも、勝ち越しとなるフリースローを外して延長に突入。その後は相手のインサイドアタックを止めることができずに敗れた。次週には台風の影響で延期となった第2節が組まれており、その相手は東地区首位を争うアルバルク東京。少なくとも現在の2位をキープして直接対決に臨みたい。

 今節の相手は京都ハンナリーズ。前節の秋田ノーザンハピネッツ戦は2戦ともジュリアン・マブンガが欠場したこともあって連敗となった。1戦目は中村太地が12得点11アシストと躍動し、マブンガに代わってスターターに名を連ねたラシャーン・ホロウェイも19得点11リバウンドと悪くなかったが、実に21個を数えたターンオーバーが致命傷。2戦目はさらに29個まで増え、第1クォーターから18点差をつけられるとそのままリードを着実に広げられ、最終的には58得点で40点差の完敗だった。デイヴィッド・サイモンが10得点に終わり、他に得点を2ケタに乗せたのはホロウェイと村上直だけ。綿貫瞬が復帰して今季初出場を果たしたことは収穫だが、これで開幕6連勝の後は2勝6敗と急ブレーキ。今節連敗すれば“貯金”ゼロとなるため、1つでも勝って白星先行のままバイウィークに入りたい。

 京都が活路を見出したいのは3ポイント。成功率は現在リーグ2位だが、松井啓十郎へのマークが徐々に厳しくなっていることもあって試投数は多くない。松井の他に、未だ本調子でない岡田優介や、本数は少ないながらも高確率の内海慎吾が積極的に狙うことができるか。

文=吉川哲彦

■ロースター
・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
関野剛平
セバスチャン・サイズ
ファイサンバ
ベンドラメ礼生
チャールズ・ジャクソン
杉浦佑成
渡辺竜之佑
野口大介
広瀬健太
石井講祐
山内盛久
ライアン・ケリー
田渡修人

・京都(ヘッドコーチ:浜口炎)
中村太地
村上直
綿貫瞬
鶴田美勇士
岡田優介
玉木祥護
松井啓十郎
ジュリアン・マブンガ
内海慎吾
永吉佑也
ラシャーン・ホロウェイ
デイヴィッド・サイモン

BASKETBALL KING

最終更新:11/15(金) 16:13
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事