ここから本文です

MLB2019年MVPを発表 アはエ軍トラウトが3度目の受賞、ナはド軍ベリンジャー

11/15(金) 8:59配信

Full-Count

トラウトのOPS1.083はリーグトップを記録

 今季のメジャーリーグの最優秀選手賞(MVP)が14日(日本時間15日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスのマイク・トラウト外野手が自身3度目、ナ・リーグはドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手が受賞した。

【画像】前田健太と同席の早穂夫人は和服姿、一方で同僚のピーダーソンのジャケットには「これはあかん」…チャリティーイベントの実際の写真

 メジャーデビュー3年目のベリンジャーは今季156試合に出場し打率.305、47本塁打、115打点をマーク。リーグの新人最多本塁打を記録し球団史上最速での通算100本塁打も達成した若き主砲。

 トラウトはシーズン終盤に離脱したが134試合に出場し打率.291、45本塁打、104打点、リーグトップのOPS1.083をマーク。打撃だけでなく守備でも安定したプレーを続けていた。これで通算3度目のMVPを獲得した。

Full-Count編集部

最終更新:11/15(金) 11:00
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事