ここから本文です

【MLB】CY賞逃した柳賢振 4位投票の記者は最優秀防御率も“守備のおかげ”と辛口評価

11/15(金) 9:01配信

Full-Count

ドジャースは本塁打を除く打球のうち、野手がアウトにした割合がナ1位

 MLBのサイ・ヤング賞が13日(日本時間14日)に発表され、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロム投手が受賞した。ドジャースの韓国人左腕・柳賢振投手は最優秀防御率にも関わらず完敗で2位。MLB公式サイトでは投票した記者たちが理由を説明している。

【画像】「NYで素晴らしい休日」ドジャースの柳賢振が公開した「美人妻」との実際のオフショット写真

 サイ・ヤング賞に輝いたデグロムは今季32先発で204回を投げ、11勝8敗、防御率2.43、255奪三振の成績で、最多奪三振タイトルを獲得。一方、柳賢振は今季29先発で182回2/3を投げ、14勝5敗、防御率2.32、163奪三振の成績。アジア出身者初の最優秀防御率に輝いた。投票結果は、30票中29票の1位票を集めたデグロムが完勝。2年連続の受賞を果たした。柳賢振は1位票を1票獲得したものの完敗で2位。アジア出身者初の快挙はならなかった。

 ダイヤモンドバックス番記者のスティーブ・ギルバート氏は、デグロムを1位、最多勝のストラスバーグを2位に投票。柳賢振は5位に入れ、「1位にデグロム、2位にストラスバーグを私は自信を持って選んだ」としている。

 カージナルス番記者のジェニファー・ランゴッシュ氏は、「私がナ・リーグのサイ・ヤング賞投票に参加してもう何年も経ちますが、今回の投票は選びぬくのが最も困難だということが示されました」と悩んだ末、デグロム1位、柳賢振2位に投票。まず12人の選手に絞り、そこから投球に関する21の項目に着目し、選定を行ったとしている。

 パドレス番記者のAJ・カッサベル氏は、具体的な理由を説明している。デグロムに1位票を入れ、「私の中で当然の選択でした。CYを受賞するに私が求めていた全ての条件を、彼は満たしています。防御率、奪三振数、FIP、WAR、投球回といったところです」と回答。4位とした柳賢振は「リュのナ・リーグ最優秀防御率については、彼は球界最高の守備を受けて投球できたという事実が、その主な要因だったかと感じています。いくつかの細かい指標もその考えを支持しています」とドジャースの守備に助けられていたとした。

 ドジャースはナ・リーグ15球団でDER(本塁打を除いてグラウンド上に飛んできた打球のうち野手がアウトにした割合)が1位。今オフFAとなった柳賢振が来季どこのチームでプレーするかにも注目だ。

Full-Count編集部

最終更新:11/15(金) 9:01
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事