ここから本文です

海藻アカモクうどん開発 県漁連など

11/15(金) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県漁業協同組合連合会(県漁連)などは、健康面での機能性が評価されている海藻「アカモク」の粉末を練り込んだ乾麺「アカモクうどん」をこのほど製品化した。16、17の両日に松山市内で開かれるイベントで発売する。
 農林中央金庫高松支店が県漁連と石丸製麺(高松市)をマッチング。県内の漁協からアカモクの供給を受けたサンホウ食品(松山市)が粉末化したものを石丸製麺が麺に練り込んだ。県漁連がスーパーや道の駅、旅館などに売り込んでいく。
 16、17の両日に同市堀之内の城山公園で開かれる「すごいもの博2019」の県魚食普及推進協議会ブースでアカモクうどん(220グラム、450円)を販売するほか、1杯250円で提供する。

愛媛新聞社

最終更新:11/15(金) 9:30
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事