ここから本文です

アルヒ、フラット35の住宅ローン「ARUHIスーパーフラット6」を取り扱い開始へ

11/15(金) 18:46配信

CNET Japan

 アルヒは11月15日、フラット35(保証型)の住宅ローン「ARUHIスーパーフラット6」を発表した。12月1日より取り扱いを開始する。

 ARUHIスーパーフラット6(借入額の割合が60%以下)は、住宅の建築費、または購入価額の40%以上を手持金(頭金)として用意できる顧客を対象とした、最長35年間の全期間固定金利の住宅ローン。6月に取り扱いを開始した「ARUHIスーパーフラット7」(借入額の割合が60%超70%以下)より、さらに低い金利での融資が可能だ。

  11月までに「ARUHIスーパーフラット」の本申込をし、12月以降に自己資金を40%以上用意できる融資実行予定の顧客も、ARUHIスーパーフラット6の対象となる。

 アルヒは2016年10月に、ARUHIフラット35より低金利の商品として、「ARUHIスーパーフラット8」(借入額の割合が70%超80%以下)の取り扱いを開始。2017年10月に、「ARUHIスーパーフラット9」(借入額の割合が80%超90%以下)の取り扱いを開始している。

 アルヒは今回のARUHIスーパーフラット6の追加により、顧客の幅広いニーズに対応するとともに、ARUHIスーパーフラットのさらなる成長を目指し、新たな商品の開発、ラインアップの強化に努めるとしている。

最終更新:11/15(金) 18:46
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事