ここから本文です

<今井悠貴>「3年A組」の若手演技派がドラマ初主演 「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

11/16(土) 6:00配信

MANTANWEB

 今年1月期に放送された連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で電脳部の西崎颯真役を好演した俳優の今井悠貴さんが、テレビ大阪とBSテレ東の深夜連続ドラマ枠「真夜中ドラマ」の第4弾「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」でドラマ初主演を務めることが11月16日、分かった。心だけ1980年代の16歳の自分にタイムスリップして2回目の高校生活を送るというストーリーで、今井さんは「80年代を思い返しながら、思いをはせながら、明日に向けて勇気が持てるような作品にしたいと思っています。よろしくお願いします!」と語っている。

【写真特集】個性派ぞろいのキャスト陣 元柳ユーレイに乃木坂46の秋田美人も

 今井さんは1998年12月30日生まれの20歳。「3年A組-今から皆さんは、人質です-」のほか、2018年の大河ドラマ「西郷どん」では、西郷隆盛の息子・菊次郎の少年時代を好演。現在放送中の「決してマネしないでください。」(NHK総合)には、ジャニーズWESTの小瀧望さんが演じる主人公と同じゼミの友人・有栖伊音役で出演している。

 ドラマはきらたかしさんが「漫画アクション」(双葉社)で連載したマンガ「ハイポジ」が原作。会社をリストラされ、離婚も秒読みで、お先真っ暗だと思っていた46歳の天野光彦だったが、ある日、気がつくと、1986年の16歳の自分にタイムスリップしていた。初恋の小沢さつき、高校時代には話したこともなかった現在の妻・幸子との間でとまどいつつも、高校生に戻って、不良ともめたり、大人の遊びを覚えたりと、経験したことのなかった“2度目の青春”を謳歌(おうか)するのだが……というストーリー。

 今井さんは16歳の光彦、柳憂怜さんが46歳の光彦をそれぞれ演じるほか、天野が忘れられない初恋の同級生さつき役を黒崎レイナさん、未来の妻となる高校生の幸子役を、レギュラードラマ初出演となる「乃木坂46」の鈴木絢音さん、現代の幸子役はいしのようこさんが演じる。作品名の「ハイポジ」は、高音質が特徴のカセットテープの名称で、ドラマでも懐かしいカセットテープと共に80年代の音楽が流れ、当時流行のファッションや、流行語も飛び出すという。

1/3ページ

最終更新:12/9(月) 13:19
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事